R2.2.22 OPEN!!
ここでは岡山のトイレ情報を発信していきます!
“Smart×Simple”というコンセプトで、多目的トイレマップと連携し、トイレマニアはもちろん、〇〇のトイレ情報を知りたい!という方など、みんなのためのトイレ情報局です。

書店・文具店

本日は2月22日です!
実は当サイト、おかやまトイレネットワークを開設した日なのです!
本日で開設してから1年になりました!

仕事の都合やこのご時世で月一ほどの投稿になっていますが、この1周年記念に相応しい機器と仕上がりのトイレを紹介します☆

今回は文房具店のうさぎやから。
クラブンという会社が運営している、文房具店です。
品揃えは良いものの、少しお高いってこともあるのであまり利用はしていないのですが……。

因みにこの店舗は昨年に大規模なリニューアルをし、トイレを店外から店内に移動しています。

それでは、見ていきましょう!

まずは男性用から!

IMG_0824
手洗器はCeFiONtect仕様のベッセル式洗面器(品番:LS717CM)を使用しており、水栓はアクアオートを使用しています。
クリーンドライも用意されており、取材は今年1月でしたが、稼働していました。


IMG_0826
小便器はCeFiONtect仕様のUS一体型小便器(品番:US900R AC100V/低リップ式)を使用しています。
ホワイトってこともあり、ココはフツウって感じですねw


次は大便器ですが、開設1周年に相応しいとも言える機器が来ます!!


IMG_0828
大便器はCeFiONtect仕様のネオレストAH(AH1/品番:CES9788R)を使用しています。
まさかのここに来て、ネオレストAHです!!
この店舗のリニューアル前は外トイレで、尚且つ和式オンリーだっただけに驚きが隠せませんw

IMG_0829
良く言えばクリーン、悪く言えば味気ない感じのピクトとフルカバー下のパネル。
因みに2020年製なので、継ぎ目のない便座(INAXでいうキレイ便座)になっています!

IMG_0830
流しながら、ノズルを出してみた…。
一度は形状を変えたフチなしウォシュレットも原点回帰とも言えるフォルムに♪

DSCF0770
でも、ネオレストAHはホワイト以上にホワイトグレーの方が似合ってる気がするんだなぁ♪
お願いだから、住宅向けからはホワイトグレーとパステルピンクは無くさないで……。

IMG_0827

ベビーチェアも用意されています!
イマドキのパブリックトイレにはマストアイテムですからね!

続いては多目的トイレへ!

IMG_0836
手洗器はCeFiONtect仕様のL270CMを使用しています。
水栓は電気温水器付のアクアオートですが、手動吐水のできるタイプのものになっています。

IMG_0837
鏡はシンプルなもので、その横には非常ボタンもあります!
手洗器の写真のように、倒れても引けるように床まで伸びています。


IMG_0834
ベビーベッドもあります!
その代わりに、ベビーチェアはありませんが……。

IMG_0835
オムツ入れだと思わせるフォルムですが、実はサニタリーボックス…。
自動オープンのゴミ箱と言い、最近増えてきたなぁ…。
こういったものがここまで役立つご時世になったのは誰が想像し得たのか……。


IMG_0838
大便器はCeFiONtect仕様のフラッシュタンク式便器・掃除口付(品番:CS497BCD+SP496BY)を使用しており、便座はアプリコットP(AP2KA/品番:TCF5840ADP)を組み合わせて使用しています。
また、非常ボタンもあります!

IMG_0839
こうして見るとアプリコットFと何の変わり映えもないという…。
それにしても、蓋上のペーパーロール多いっw


IMG_0840

便座クリーナーとエコリモコン。
ノズルきれい&洗浄位置調整×温風乾燥付ですが、音姫はありません!ボタンがここまでしか置けないから、仕方がない…(泣)
便座クリーナーはダスキン製のかざしたら出てくるヤツ…。

※多目的トイレマップはこちら(※準備中)


それでは、まとめていきます〜。


リニューアル前はINAX主体で、キラミック時代のものなので90年代後半って感じでした。
また、和式オンリーであり、…からのネオレストAHですから、設備面では大幅なグレードアップです。
また、ネオレストAHも機能が絞られたパブリック用ではなく、通常品なので機能はフルに使えます♪

多目的トイレも竣工当初は親子便座で、2013年頃に暖房便座に取り替えられましたが、温水洗浄便座がありませんでしたから、一般用に比べるとグレードダウンし、オストメイトは無いものの、明るさや綺麗さも含めて、大幅なグレードアップでしょう!

因みにリニューアル前の写真はありませんが、使用機器は男性用は手洗器はL-2584、小便器がU-321Mで洗浄装置は押しボタン式、大便器はC-752B+DT-570で、多目的トイレは手洗器がL-364、大便器がC-56K+DT-511MLに暖房便座(CF-18ALJ)で、リニューアル前にあったトイレの場所はスタッフ用の出入口なっており、トイレは店内に移動したという旨の貼り紙があります。

今回は1周年記念も兼ねた記事でしたが、如何だったでしょうか?
私情やこのご時世もあり、基本的に月一で、多くて月二〜三ほどの更新になりますが、これからもおかやまトイレネットワークをよろしくお願いします!

今回はTSUTAYAのトイレから!

本当なら遠出先のトイレを…と言う予定だったのですが、荒天により、予定変更……。

と…言うのは置いといて。
この店、普通のTSUTAYAとは少し雰囲気が違っていて、ローカルな書店にTSUTAYAの要素が入った感じだったりします!

※今回よりストリートビュー画像はサムネのみになります。

○トイレは店舗右奥にあり、壁に大きくTOILETと書いていて、手前が男性用、奥が女性用になります。

【手洗器】
2020_0412_19594300
手洗器はCeFiONtect仕様のL870Aを使用しており、水栓はオートストップ水栓を選択しており、ホワイトグレーをベースとした砂目調のトラップカバーもしてあります。
この手洗器はアクアオート、オートストップ、ハンドル水栓をチョイスできるのですが、右が空いててスッキリしているアクアオート率が高い気がします。

2020_0412_19594600
ミラーもあります。
不自然なところにコンセントがありますが、実は嘗てはカウンター式を使っており、2011年頃に小便器を増設したときにこのようになりました。カウンター式だった頃はよく覚えてませんが、L525だったような記憶があります。

【小便器】
2020_0412_19594000
小便器はCeFiONtect仕様のUS一体型便器のUS800CEを使用していますが、何故かスプレッダーらへんの釉薬が剥がれています。
釉薬剥がれは和式だとたまにありますが、小便器で釉薬剥がれを目にしたのはUS6xx系 or US8xx系しかありません。
必ずしも発生しているようでは無く、ハズレ個体か、掃除が杜撰か、水質が悪いというのが有りそうです。



ここまでだと比較的よくある機器(特にUFS800CE)なので、何処が珍品だ!と言われそうな気がしますが、ここから、珍品と言えるものが登場します!




【大便器】
2020_0412_19591000
大便器はなんと、ジャニス工業のバリュークリンを使用しています!
型式は便器部がSC0840-SGB(シールにはC84Sと表記)、タンクがST0792-0Eのようです。
便座はサワレット851(JCN-851DRN)を組み合わせて使用しています。
因みにこの便座はタカラスタンダード向けにもありますが、タカラスタンダード向けのものはJanisロゴの部分が省かれ、ロゴなしになります。

2020_0412_19591300
リモコンはこんな感じで、ウォシュレットやシャワートイレ、ビューティートワレには見られないようなオーラを感じさせますね。
上の方の赤い点の部分に温水や便座の温度が表示され、押すと赤いランプが点きます。
最近、ジャニスの便座は一部ではビューティートワレOEMのものが存在するので、ゆくゆくはビューティートワレ化するかもしれませんね。

2020_0412_19591600 
紙巻器は天面が木目調で良いアクセントですね!
リモコンがやけに密接して設置されていますが、操作性に苦になることはありませんでした。

2020_0412_19592000
あると、嬉しい便座クリーナーも完備されています!
目にする便座クリーナーはこちらのサラヤ製のもの、花王のトイレマジックリン、リースキン製のものの3パターンの何れかですね!たまにこの3メーカー以外のものも目にしますが、稀な気がします。

2020_0412_19592700
レバーハンドルはTOTO式になっており、ピクトなのでやや分かりづらいものの、手前で大、奥で小になります。
ジャニスは嘗て、INAX式でしたが、2012〜13年頃に切り替わっています。

2020_0412_19593300
ノズルはステンレス製でした!
ステンレス製ノズルと言えば、ビューティートワレ!という方も少なくないかもしれませんが、最近だとジャニスや東芝製の一部にも使われています。
因みにこの便座は韓国製なので、サムスンあたりのOEMの可能性があります。(但し、東芝と違いサムスンなのかは不明)

2020_0412_19593600
現行のバリュークリンⅡはアメージュZフチレスをベースに鉢内形状を変えて、フロントスリムに仕立てたような感じですが、こちらはフロントスリムにしたアメージュVと言っても差し支えのない形状で、鉢内や流れ方はアメージュVとほぼ瓜二つな感じです。
なので、先端を除くとフチレスを除くアメージュ系の欠点とも言えるフチ裏があります。

2020_0412_19592300
ジャニスとは敢えて表記せず、バリュークリンと言うシールが貼られています。
タカラスタンダード向けではここはタカラスタンダードのエンブレムになりますが、こちらもシールですから、剥がそうと思えば剥がせますね。

2020_0412_19593000
開けてみるとこんな感じ!
どことな〜く、e-anzaのような雰囲気もありますね!ひょっとしたら、e-anzaもコレも同じメーカーのものなのかもしれませんね。

なお、この店に行ったのは2018年夏頃以来ですが、その地点では和式でC750AV+S670Bで、小便器増設と同時にタンクが交換されていました。

【まとめ】
店の規模としてみれば、ややコンパクトなものの、男女別ですし、比較的掃除が行き届いているのでキレイです。
しかし、US800CE釉薬剥がれは謎ですね。
使用頻度が高いところになりがちですが、ここは高いと言われれば高めかもしれませんが、駅やスーパーみたいなことはないでしょう。
何故なのか分かりません。水質なのかな?

ジャニス工業の機器はたまにパブリックでも目にしますが、やはり稀です。
タカラスタンダードやナスラックにもOEMしている分、販路は多めですが、TOTO、INAXといった大手に比べるとシェアは低めですしね。
意外と一般家庭やこじんまりとした店なら目にするかもしれませんが……。

↑このページのトップヘ