R2.2.22 OPEN!!
ここでは岡山のトイレ情報を発信していきます!
“Smart×Simple”というコンセプトで、多目的トイレマップと連携し、トイレマニアはもちろん、〇〇のトイレ情報を知りたい!という方など、みんなのためのトイレ情報局です。

商店

3週間ぶりの更新です!
前回、予告した通り、不定期更新となった当ブログですが、放置気味になってすみません・・・。

今回はドラッグストアのザグザグから!
この店舗は業務用スーパーのエブリイが併設されており、そちらにもトイレがありますが、使用頻度が高かったため、ザグザグ側のトイレのみ調査します。

Body Color
TOTO:ホワイト(#NW1) INAX:ピュアホワイト(BW1)

Info
トイレは女性用+男女共用多目的トイレ
場所は店舗中央の入口を入って、左手にあります。

手洗器
2020_1007_23511500
手洗器はTOTOで、CeFiONtect仕様オートボウル(水&温風タイプ:品番 TYL102)を使用しています。
オートボウルはバリエーションが3種類あり、フル装備のTYL100系、水&石鹸タイプのTYL101系、そして、水&温風タイプのTYL102系があります。
因みに道を挟んで向こう側にあるケーズデンキ岡山大安寺店ではTYL101を使用しています。(※調査未定)

2020_1007_23511900
ミラーは大きすぎず、小さすぎずなヤツを。
見えちゃっているけど、ベビーシートとオムツ用のゴミ箱もあります♪
後で紹介するから、最後まで見てな~。

2020_1007_23512500
このご時世だから仕方がないよね・・・。
しかも、オートボウルは機械的にストップできないから、プラスチック板をハメ殺しにして、物理的に使えなくしていましたw

◇大便器
2020_1007_23512800
オストメイト以外は全部入りなようで、ベビーチェアや跳ね上げ手すりも用意されています☆
車椅子の移動も比較的しやすそう♪

2020_1007_23514800
大便器はINAXで、ハイパーキラミック仕様アメ―ジュZフチレスBC-ZA10S+DT-ZA150E)を使用しており、便座はPASSOシリーズCW-EA21を組み合わせて使用しています。
ハイパーキラミック仕様にグレードダウンした分、ちょっと便座で奮発した感じですねw

因みにこの世代のPASSOは初目撃でした!!

2020_1007_23514200
リモコンはプレアスやアメージュZAシャワートイレと同じ意匠のものです。
INAXのリモコンにしては安っぽいなぁと思うような仕上がりで、上位グレードらしさが全くなく、先代のEA1x系のようにサティス(DV-S4xx・5xx系)やアステオと同等という待遇に比べると良くない気がします。
また、レバー洗浄タイプのため、右端がデッドスペースになっています。

2020_1007_23520300
音姫(流水音)の装置も設置されており、残り時間が表示されます!
PAシリーズあたりをチョイスすればこういった装置は不要になりますが、ここは機能性を取った結果でしょうか。

2020_1007_23515100
真上から見るとこんな感じです。
アプリコットFを意識したであろうフォルムはKAシリーズよりも格下な雰囲気があり、アプリコットほどではないものの、チープさが否めません。
感圧センサー式ですが、TOTOと異なり、便座の厚みは犠牲になっていないようです。(センサー大便器や初代サティスも感圧センサー式だったが)

2020_1007_235157002020_1007_23515400
ノズルそうじですが、ノズルそうじボタンを押すとノズルが出てきます。
1度押すとおしり用が、もう1度押すとビデ用ノズルが出てきます。
ここは先代のEA1x系やサティス系も同じようですが、中には水だけ流れて、手で引っ張り出さないといけない機種もあります。(K-ExtraをはじめとするKシリーズが該当)

2020_1007_23520000
何を考えてか、便座クリーナーが後方にあるという・・・。
ここは音姫の横にでも置いてほしかったかな?

周辺機器
2020_1007_23511100
周辺機器はコンビ製のベビーシートと・・・

2020_1007_23520600
オムツ用のゴミ箱があります!
持って帰れというところが多い中で、オムツ用のゴミ箱があるのは助かりますね!

まとめ
トイレ内は比較的広く、ベビーシートやベビーチェアもあり、利用価値は高いと思います。
ただ、細かいところがあまり綺麗じゃないところがあり、取材当初は小便臭がややありました。便座裏に尿が引っ掛かるとそこで尿石になる恐れがあり、便器内だけでなく、こういったところにも目を配る必要があるでしょう。

また、フルオート洗浄タイプを選択しなかったのでしょうか?
多目的トイレという性格上、あるべき機能ですし、セットまで用意されている機種ですから、CW-EA21QCを選択すべきだったでしょう。
こんなこと言っていたら、私の母の実家も人のことは言えなくはなりますが、特定の人しか使わない一般家庭と誰しもが使う公共施設では話が違いますしね・・・。

久々の更新です!
今回の更新より、原則月・金更新から不定期更新へと変更になります。但し、偏りを避けるため週に2物件までとなります。

当ブログでは初の岡山県北部の物件になります!
今回は産直販売所のトイレになります!

ここは近くに亀甲駅という駅があり、それに因んで入口には亀の石像が置いてあります!

Body Color
 ハーベストベージュ #SC4 ※現在廃色
 (洋式のみ:パステルアイボリー #SC1)

手洗器
2020_0918_10352200
手洗器は“L331RA”を2台使用しており、水栓はアクアオートを組み合わせて使用しています。また、純正シャボネットの備え付けもあります。
この年代のアクアオートは少しずつ退役しつつありますが、ココでは現役バリバリです。また、水勢が強めに設定されていたので、洗い心地がとても良かったです。

小便器
2020_0918_10352500
小便器は“U307C”を3台使用しており、洗浄装置は自動洗浄(オートクリーン)です。
この年代ならあるあるって感じで、オートクリーンも竣工当初からなので、結構持ちは良さそうですね。
また、ハーベストベージュのチョイスは良いですね。やや水垢はありますが、全体的には綺麗な方でしょう。

大便器
2020_0918_10352900
大便器は2010年頃に洋式化されました。洋式化前は“C750V+S670B”を使用しており、ハーベストベージュでした。
洋式便器はCeFiONtect仕様コンパクトリモデル便器 “CS590BM+SS590BAKL”を使用しており、便座はウォームレットS “TCF109”を組み合わせて使用しています。画像を見ての通り、レバーハンドルが左ハンドル仕様となっています。

2020_0918_10353200
便座クリーナーは以前はありませんでしたが、いつの間にか付いていました。
また、陶器製の表記板”A21L1”も設置されています。現在ではホワイトのみの製造となりましたが、バブル期前後はほぼ全色あったのでしょうね。ハーベストベージュはココでしか見たことがありません。


2020_0918_10353500
便蓋を開けるとこんな感じ!
タンクが薄型に造られているおかげで、便座はエロンゲートサイズとなり、一般向けの機器より狭いスペースでの設置も可能です。
現在ではパブリックコンパクト便器となり、トルネード洗浄となり、大洗浄のみだったのも、大小対応型になりました。便器内はレスティカベースと変わりありません。

◇まとめ
使用機器としては普通ですが、当時としてはアクアオート、自動洗浄である小便器であり、こういった田舎の施設としてはいい線を行っていたでしょう。
後年になって洋式化され、使い勝手も良くなりました。欲を言えば、CS590BMもハーベストベージュだったら最高でしたが、内装の色合いがシンプルなタイル張りということもあり、パステルアイボリーでも浮いた感がありません。

ウォシュレットが無いことを除けば、緊急時でも使いやすいトイレでしょう。

今回はJA直売所から!

場所に寄りけりなのですが、JAの直売所は道の駅とは違った、直売所感があって良いんですよね!
因みに2年ほど前までは別棟がありましたが、縮小され、嘗ての別棟はJA全農 中四国物流センターになっています。
※トイレは従来通り、使用可能。
※JA全農 中四国物流センター側(以下:別棟)に多目的トイレあり
※今回は時間の都合や別棟側の建物内で会議のようなことをしていたため、はなやか南店内のみの取材となります。

Body Color
 ブルーグレー(BB7)

手洗器
2020_0817_08380600
手洗器はハイパーキラミック仕様L-15AGを使用しており、水栓はオートマージュを組み合わせて使用しています。
また、化粧板も設置されています。因みにこの機器も化粧板もブルーグレーはここでしか見たことがありません。

2020_0817_08380900
鏡とライトもあります。
因みに扉はスライド式になります!
壁にはペーパータオルやエアータオルはありまんので、手拭きが必要です。

小便器
2020_0817_08381200
小便器はハイパーキラミック仕様AWU-807AMPを使用しています。
ヤマダ電機感がありますが、ヤマダ電機はこの系列の廃盤まで採用されていましたからね!(後継のU-A51APでも引き続き採用中)

2020_0817_08381800
現行のU-Ax1系と異なり、吐水口はメッキになっていて、デザインのアクセントとのこと。
ココが錆びている個体がたまにありますが、大半は掃除が杜撰なところで、ここでは掃除が行き届いているので状態は結構良いですね!

大便器
2020_0817_08382000
大便器は洋式1室のみで、キラミック仕様の洗い落とし式便器のC-18Sハイパーキラミック仕様DT-811UZを使用しており、便座はシャワートイレK100シリーズ(大型タイプ・乾燥なし)のCW-K111組み合わせて使用しています。
因みに本来だと普通サイズのCW-K110が組み合わせられますが、敢えての大型サイズにすることで座った時にゆとりが生まれます!

2020_0817_08382400
タンクは1997年頃以降のロットで、手洗管がアメージュCなどのようにカラードタイプになっています。
また、レバーハンドルもカラードになるのですが、ここではアメージュGのものに取替られていました。

2020_0817_08383200
この丸っこい袖が特徴的ですね!
一昔前の設計のシャワートイレあるあるなカラフルなラメ入りボタンもなかなか!
電源ボタンが点滅していましたが、調子は水漏れも無く、バッチリでした。

2020_0817_08383600
自宅アパートのC-18S(1992年設置)と違い、流れが豪快ですね!
しれっと、フチの形状が変わったのかな?(いいナビには情報なし)
取扱の注意事項のステッカーが20年ほど経過していて、パブリックでここまでキレイに残っているのもなかなかないかも?!

2020_0817_08384500
inaマーク時代から続いているUラインをあしらったタンクと凹みのあるフォルムが特徴的なシャワートイレ。
暖房便座もこの形状なので、デザインは大きく変わっていないという…。

2020_0817_08383900
キラミックステッカーと品番ステッカーが一体化しているんだけど?!
因みにC-18Sの最終型はINAXマークの焼印が無くなり、そこに品番ステッカーが来ます。

2020_0817_08382600
紙巻器は何故か、アイボリー。
シンプルな2連式で、壁にあるものは窓を除けば、コレのみで手すりや便座クリーナー等はありません。
共にこのご時世だとちょっと欲しいな〜。

◇まとめ
掃除が行き届いており、気持ちよく使えるトイレです。
営業時間が短いので使える時間は限られますが、実用性は高く、実用性だけでなく、趣味性や使用価値も高いと思います!
また、ホワイトベースのタイル張りということもあり、ブルーグレーがより際立って見えるのも魅力的です!

別棟も同時期の竣工ですが、小便器にU-112、和式がC-752B、多目的トイレがアメージュGにシャワートイレKA22(CW-KA22QA)です。
カラーは多目的トイレはピンク、男性用トイレはアイボリーです!2000年代でU-112の組み合わせは珍しいでしょうね。

次回は8/21!お楽しみに!!

今回は久々のスーパーから!
天満屋ハピーズは岡山では有名な天満屋が運営しており、そのスーパー部門は天満屋ストアがやっています。
因みに今回の店舗は岡山市と言えば・・・の1つである、問屋町(といやまち)にある卸センターの手前にあります。

嘗ては多目的ホールもあったりしましたが、今ではオシャレな店街等で注目されています。
岡山市南区方面からも比較的行きやすいエリアで、近くには西バイパスもあります!

〇Body Color
 ハーベストブラウン(#SS4)※現在廃色
 ※多目的トイレ便座のみ パステルアイボリー(#SC1)

  男性用トイレ  
手洗器
2020_0806_09432300
手洗器はL517を使用しており、水栓はアクアオート(ポップアップ対応型)です。
この手洗器は楕円型である、L537、L548系統に比べると明らかに見る機会が少なく、ハーベストブラウンなのでこの施設の陶器類では珍品と言えるかもしれません。
カウンター式で、石鹸入れはありませんが、左端に消毒液と石鹸が置いてあります。

2020_0806_09432600
ハンドドライヤーがありますが、使用中止中です。
因みに以前はTOTO製のクリーンドライ(後述する多目的トイレと同じもの)を使用していたような記憶がありますし、Panasonicなので後年になって取り替えられていますね。

2020_0806_09433600
扉はこんな感じで外からだと押す、中からだと引くというパターンです。
取っ手が長いので意外と持ちやすい感じです。

小便器
2020_0806_09432000
小便器はCeFiONtect仕様US一体型小便器・ジアテクト/床置タイプである、US810CEを2台使用しています。
2台ともにカルミックサニタイザーを組み合わせて使用しており、また、掃除が行き届いているためかとても綺麗に使われています。

◇大便器
2020_0806_09425700
大便器はCeFiONtect仕様のCSRシリーズ・サイホン式のCS680B+SH680BAを使用しており、便座はウォシュレットSBTCF6622 を組み合わせて使用しています。
竣工当初はウォシュレットSA(TCF6031)を使用しており、後年になって取替えられていますが、この、TCF6622では2018年8月~2019年1月の間までの僅かな期間の設定だった、ハーベストブラウンなのでこのトイレの中では一番の珍品かもしれません。

2020_0806_09430700
蓋を開けてみるとこんな感じ!
というよりも、この世代が発売された時にはハーベストブラウンの便器が無くなっていたためか、この世代との組み合わせ自体がレアなので、かなり新鮮さを感じます。

2020_0806_09431300
ハーベストブラウンにこのスッキリとしたコンセントプラグが組み合わせられたのも・・・僅かな期間という。
このスッキリとしたプラグは今ではほぼ全機種に拡大しているようです。

2020_0806_09431000
紙巻器と便座クリーナー。
便座クリーナーはカルミック製のもので、紙巻器は同色を期待していましたが、ステンレスタイプでした・・・。

2020_0806_09430000
シールは無くなっているし、黄ばみは見られるが、ベビーチェアも完備!
コレがあるだけでもプラスですよね~。

  多目的トイレ  
多目的トイレマップ

※2020年8月20日追加。お待たせいたしました!

手洗器
2020_0806_09433900
手洗器はCeFiONtect仕様L260Cを使用しています。
水栓は相変わらず、アクアオート(ポップアップ付)ですが、手動吐水可能のタイプになっています。
L250Cの大型版ともいえるタイプで、壁付タイプではL103Aを除けば、大型なタイプになっています。

2020_0806_09434200
鏡は傾斜鏡になっています。
この年代の竣工で傾斜鏡はやや古典的な組み合わせと言えそうですが、車いすに座っていても見やすいそうです!

2020_0806_09434500
クリーンドライも設置されていますが、こちらも使用停止中でした・・・。
一般用も以前はコレを使っていたのでしょうね・・・。
その横には紙巻器があるのが妙な気がしますが、チョットこのトイレはレイアウトが変わっていて・・・。

大便器
2020_0806_09434900
大便器はチョット変わった感じについていると書きましたが、斜めについているのです!
左右に跳ね上げ手すりというレイアウトで、ナプキン入れも左右に設けられています。(左のはオムツ入れのなんだろうけど・・・)

2020_0806_09435500
大便器はCeFiONtect仕様車いす対応型便器・サイホンゼット式のC480Aを使用しており、洗浄装置はオートクリーンCです。
便座はウォシュレットBVTCF2222E)を便蓋を外して使用しています。
こちらも後年になって取り替えられていますが、以前は記憶が正しければ、ウォシュレットP(TCF581W)のペールホワイトか、ウォシュレットSA(TCF6031)が付いていた気がします。

ただ、どっちにせよ、一般用に比べるとグレードダウンの幅が酷いですね(>_<)

2020_0806_09435900
何故か、便蓋に貼ってあるシールがこんなところに・・・。
貼り変えたのか、ここにもコレを貼り始めたのかは分かりませんが(^_^;)

2020_0806_09440200
こうしてみると、パステルアイボリーとハーベストブラウンの組み合わせは、バニラ×チョコアイスのようなテイストなので、意外と悪くないという♪
ホワイトを選ぶと悪目立ちしますが、フラッシュバルブ式の機器ならパステルアイボリーとの2トーンも意外とイケる気がしますw

2020_0806_09435200
そして、ベビーシートと非常ボタンがあります!
ベビーシートも後年になってから、取替えられており、床にはその跡もありますね・・・。

◇まとめ
掃除が行き届いていて、気持ちよく使えます!
一見するとあるあるな機器に見えますが、ハーベストブラウンというチョイスもあってか、新鮮さがありますね!
多目的トイレはオストメイトが無いのは惜しまれますが、竣工時期の2003年~04年頃であれば、オストメイト設備はそれほど普及していませんでしたから、その当時であれば充実していた方と言えるでしょう。
強いて言うなら、多目的トイレの便座もウォシュレットSB(TCF6622)にするか、袖なしのウォシュレットS1(TCF6542)だと完璧でしたね。

次回は明日、8/17の更新!お楽しみに。

今回はスーパーから!
岡山ローカルなわたなべ生鮮館からです。
岡山市内だと有名なスーパーの一つで、渡辺鮮魚店と言われるだけに鮮魚は他のスーパーよりも力が入っています!

☆トイレは売場内にあり、鮮魚と野菜売場の間にあるバックヤードへ抜ける手前にあります。

◇Body Color
TOTO パステルアイボリー(#SC1)
INAX アイボリー(BU8)※廃盤色

※多目的トイレなし

◇手洗器
2020_0611_23424400
手洗器CeFiONtect仕様のL260Cを使用しており、水栓はアクアオートです。
2013年に簡易改修され、内装や一部機器が手直しされました。以前は機器は覚えていませんが、INAXのものを使用していました。

2020_0611_23424600
ミラーは大きく、見やすいものを使用しています。
また、このトイレは簡易改修でLEDライトになっており、広さの割にライトの数を多くしているため、目がチカチカするほど明るかったりします(^_^;)

2020_0611_23424800
ジェットタオルはコロナウイルスの影響で使用禁止ににっています。因みに簡易改修前から使用しているもので、私の記憶が正しいと20年近くは使用していると思います。

◇小便器
2020_0611_23425100
小便器は手前がCeFiONtect仕様のUS一体型小便器(低リップ・ジアテクト)のUS800CEを使用しており、奥はキラミック仕様のU-504を使用しており、洗浄装置は個別自動洗浄になっています。
簡易改修前は左右ともにU-504を使用しており、こちらも同じセンサーによる個別自動洗浄式でした。

2020_0611_23432100
意外と珍しさのある、U-504ですが、箱型感のあるフォルムで大きさの割には存在感があります。
しかし、天面が薄めのため、逝ってよし小便器みたいなことはないものの、荷物は置けません。
また、床置のU-801Sも存在するようです。調べてみると…U-321Mとこの小便器を足して2で割ったような雰囲気ですね。

◇大便器 ※和式・洋式あり 各1室2020_0611_23425800
和式キラミック仕様のC-752B+DT-570を使用しています。
少しずつ数を減らしつつある機器の1つで、2000年頃まで販売されていたようです。
また、年数の割には比較的キレイに使われていると思います。

2020_0611_23431500
手すりと紙巻器は簡易改修時に取り替えられました。
簡易改修前は手すりは無く、紙巻器はINAXの一連式のものを使用していたと思います。
コンセントがあるけど、間違ってもケータイを充電しないように!

2020_0611_23430100
洋式はCeFiONtect仕様のピュアレストQR(2012年モデル・CS220B+SH220BAS)を使用しています。
また、便座はウォシュレットSB(2010年モデル・TCF6421)を使用しています。
因みにSH220BAとSH220BASの相違点は小洗浄の水量が4.0Lから3.6Lに引き下げられていることです。気休め程度の節水性UPですね。
なお、こちらは簡易改修前から洋式はあり、簡易改修前では洋式のみTOTOでC21+S536BにウォームレットS(TCF109)でした。

2020_0611_23430300
ただ、排水芯がC21のままなので、便器が手前に出てしまい、元々あまり広くない個室がさらに窮屈なんです……。
もう、立ち上がるのがやっとなほどで、何でCS220BMにしなかったんだ!と言いたくなるような感じです。

2020_0611_23430800
便座クリーナーもあります!
ここ最近のトイレでは、珍しくカルミック製のものです!

2020_0611_23431000
物置カウンターにはトイレットペーパーと便器用洗剤があります。
トイレットペーパーは店で売られているものを使用していますが、間違っても持って帰らないように!!

2020_0611_23431200
ブースの間にカルミックの芳香ユニットもあります。
ただ、カルミック特有の香りはあまりなく、スカッシュ系の要素が入った香りです。

◇まとめ
スーパーのトイレとしては乳幼児設備が全くないことを除けばまぁまぁいい線を行っていると思います。
室内も明るく、使い勝手もそこそこ良く、ウォシュレットがあったりと必要最低限の設備はあり、最近のスーパーではあまり見かけない和式も用意されており、和式派にも嬉しい空間でしょう。
しかし、洋式個室の狭さは何とかならなかったのでしょうか……
あまりにも窮屈です……(´・ω・`)

次回は6/29に更新予定です!お楽しみに!



↑このページのトップヘ