R2.2.22 OPEN!!
ここでは岡山のトイレ情報を発信していきます!
“Smart×Simple”というコンセプトで、多目的トイレマップと連携し、トイレマニアはもちろん、〇〇のトイレ情報を知りたい!という方など、みんなのためのトイレ情報局です。

公衆トイレ

去る、1月9日の話…。
私は当ブログの読者の方と共同調査を実施。
共同調査は当ブログとなっては初ですが、過去にも2019年夏にもお会いし…
その当時はトイレブログから一時的に撤退していた時期でしたが、特別企画として昨年の夏に5回に渡って"特別編"としてその方から画像を提供して頂き、2019年夏にお会いした際の物件を紹介していきました。
特別編は最後にリンクとして貼っておきます!
最後までご覧あれ!

今回の共同調査は沖縄を拠点とし、TOYOの旅行とトイレ調査日記を運営されているTOYOさんと共に行いました!

今年初の投稿であり、当ブログ初の岡山県外になります。

IMG_0780
トイレの外観です!
かなり近代的な雰囲気で、ちょっと高級そうな機器すら設置されてそうな公衆トイレのオーラですが、このトイレはこの外観だけ見せられたら?!?!?!ってなるようなものが付いています。最後までご覧あれ!

また、ご覧の通りまさかの雪でした!

IMG_0784
トビラはこんな感じで、なかなか近代的な雰囲気です!

IMG_0803
中の扉も外の扉と同じような衣装のものでした!
これだけ見ると立派なものが付いているんだろうな〜と感じる方もいらっしゃるかと思いますが…

それではトイレに入ってみましょう!

トイレ内
IMG_0790
中に入ると木のぬくもりを感じる雰囲気で、電球色のLEDがなかなか!
ラベンダー系の芳香剤が外まで香るほど沢山置いていましたが、ほのかにヒノキの香る、そんなトイレでした!

それでは、手洗器へ!


IMG_0785
手洗器はカウンター式で、TOTOのCeFiONtect仕様オートボウルTYL102・手乾燥機付)を使用しています。
因みに陶器カラーはホワイト(#NW1)になります。

IMG_0786
因みにカウンターは大理石調になっており、この手洗器は自動水栓を軸に、このご時世では自粛ムードな手乾燥機や石鹸が手をかざすと出てくるハイテクなもの。
この物件では手乾燥機のみのものだったが、他にも石鹸+手乾燥機と石鹸のみというバージョンがあります!

IMG_0787
また、標高も高いこともあり、ヒーターが設置されています!


ここまで、見ているとこのトイレは絶対に水洗であり、間違いなく最新型があるようなトイレにしか見えないでしょう!



しかし、ここからがこのトイレ最大の特徴なのです!


IMG_0802
?!?!?!?!

実はこのトイレは汲み取り式、俗に言うポットン便所なのです!

因みにメーカー名は不明ですが、ジャニスのU1Mの可能性が高いでしょう。
因みに陶器カラーはINAXでもおなじみのピュアホワイト(BW1)です。

IMG_0788
この雰囲気にまさかの朝顔という度肝を抜かれるシチュエーション。
自動洗浄の小便器の洗浄音が響くようなオーラすらある空間に…。

次は大便器へ!
流石にこっちは簡易水道だろwって思う方もいらっしゃるかと思いますが…


IMG_0789
まさかのこっちも非水洗式です!
一応、暖房便座にはなっているものの…。

因みに大便器はダイワ化成のDC-166を使用しており、同社の暖房便座(SW-7)を組み合わせて使用しています。
こちらもメーカーは違えど、陶器カラーはピュアホワイト(BW1)です。

では、多目的トイレへ…。


多目的トイレマップ(※準備中)

IMG_0792
多目的トイレも手洗器は同じもので、TOTOのCeFiONtect仕様オートボウルTYL102・手乾燥機付)を使用しています。
もちろん、こちらにもヒーターはあります!

これだけを見るとネオレストくらいついてんじゃね?っていうオーラを感じますが…。


IMG_0794
やはり、こちらも大便器は非水洗式で男性用と同じくダイワ化成のDC-166を使用しており、同社の暖房便座(SW-7)を組み合わせて使用しています。


IMG_0795
非水洗腰掛式便器がこの角度からまじまじと見られるのもなかなかないかも…。
他メーカーとの類似性のあるものが多い中、この普通便座に見える暖房便座は実はオリジナル設計…。

IMG_0796
この角度からだと、この便座は暖房便座すらないのか?って見えるほど。
因みに便座左上にちょこんと見えるのが温度調節のコントローラです。

IMG_0799
前から存在は知っていましたが、大手2社は洗浄便座と同じボディを使う暖房便座も存在するだけになかなか異彩を放つものに…。

IMG_0798
便器内はこんな感じ!
穴は直下になっており、ケータイとか大事なものを落とそうものなら地獄行きに…。

IMG_0797
紙巻器と手すり。
因みに便座クリーナーはありませんでした(´・ω・`)

IMG_0791
ベビーシートが設置されており、こららはTOTO製でした。
因みにおむつは持ち帰って…とのこと。

IMG_0801
天井は高く、そして明るいトイレ空間です!
こちらはすべて嵌め殺しではなく、右の1つだけ開くようですw

IMG_0800
フックも用意されており、ここらはイマドキのトイレってところ。
ドアの重さも軽く、開きやすいドアでした♪

IMG_0781
そして、裏側には臭突たちが…。
写真では隠れており、雪に埋もれていましたが、並行するように汲み取り用のマンホールもありました…。

それでは、この物件についてまとめて、その日についてもここでまとめましょう!

まとめ
実はここはTOYOさんより話を聞いており、ここがあるブログで紹介されており、それを情報を元に訪れました!
最初、その情報を見てから、ポットンということに驚きが隠せませんでした…。

使用機器としては手洗器にオートボウルを使うなど奮発した面も見られ、トイレも木のぬくもりを感じ、明るくキレイなトイレでした!
もし、ココが水洗ならネオレストとまでは行かなくともウォシュレット完備でそれなりの機器が付いていたと思います。

新しいうえ、手入れも行き届いており、下手な水洗トイレよりも気持ちよく使えました!

また、この日は冒頭の外観写真にあるように雪が降っていた上にとても寒く、麓のロープウェイの駅のトイレ(※水洗)は凍結のため使用禁止になっていました。
簡易水洗でもなく、敢えての非水洗なのは凍結したときのためのことを考えてなのかもしれません。
幸いにも手洗器からはバッチリと水は出ていましたが、使えないときは使えないのでしょうかね…。

スケジュール 
この日は朝から、岡山駅西口→大富駅→邑久駅→長船駅→香登駅と行き、邑久駅は凍結のためトイレ使用ができず断念…に。詳細はTOYOさんの記事をご覧ください。
そこから、雲辺寺へとクルマを走らせ、途中に粒江PAで休憩し、番の州公園→ロープウエイ→当物件→昼飯→高瀬駅というスケジュールになり、常盤公園は予定にはなかったのですが、高速上からなんか古そうなトイレがある!というのを感じたらしく、寄ることに。
その予感は的中で、ここには少しずつ珍しくなりつつある、あの怖いマークの入ったアイツが居ました!

9時過ぎに迎えて、11時頃に香登駅の調査を終え、雲辺寺へと走らせ、高速を降りるまでは常盤公園を除けば計画通りでしたが…。


IMG_0613
※画像は私のクルマのカーナビ。場所は異なります。
そこからの雲辺寺へはカーナビに振り回されるわ、振り回されるわで大変でした。
あれっ?可笑しいなと思うと、一般道で行きたいのにどういうわけか高速道路に戻させようとしているのですが、何とか待避所を見つけ、設定し直して一般道メインのルートに…。


IMG_0778
何とか、雲辺寺ロープウェイ乗り場に着き、ロープウェイで雲辺寺を目指すことに。
ロープウェイは初めて乗った気がしますが、ワクワクしちゃいましたねw

IMG_0783
麓に付けば、様子は様変わり。
調査が終わる頃にはそこそこな雪になってました。
因みに沖縄出身のTOYOさんはここまでの雪を生で見るのは初めてだったようです。
岡山の私でもここまでの雪はなかなかありませんから、観測こそあるものの、基本的に雪の降らない沖縄の方からすれば、新鮮であることには間違いないでしょう。

遅めのお昼にし、高瀬駅を目指しました。
高瀬駅で17時に解散しましたが、私は途中睡魔に襲われたので与島PAで仮眠休憩。
しかし、高速上は凄い風で想像以上に疲れ果てて、休憩したのに時折睡魔に襲われ、帰るまでの道中はひたすら睡魔との戦いで、自宅には19時半頃に帰りました…。

このご時世もあり、この共同調査も叶わないかも…って状態でしたが、叶いまして、お互いに良き新年旅行になったと思います。
一部の都県では緊急事態宣言が再発令されており、今では大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、栃木、福岡も加わり、ギリギリのラインだったかもしれません…。
こういった共同調査は今の状況が落ち着くまでは不可能になりつつありますが、この状況が落ち着いたらまた、やって行きたいですね。
もちろん、どなたでもお待ちしています!

なお、今回は当物件以外は私のカメラでは写していませんが、時期を見つけ、前回のように画像提供というカタチで特別編として紹介していく予定です。

※建替前のトイレのデータはこちら

2019年夏の特別編
1.旧桃太郎荘周辺 その1
2.旧桃太郎荘周辺 その2
3.JR伯備線 井倉駅
4.JR伯備線 日羽駅
5.JR伯備線 豪渓駅

特別編も今回で、とうとうラストとなりました!
あれから、ずっと伯備線沿線を走っていく感じでしたが、トイレが西日本豪雨の影響で閉鎖されてしまった!ってところもあったりと、ビックリなところもありましたが・・・。

それから、もう1駅巡っていますが、TOYOさんの方でも未公開になっています。こちらは水洗式でしたが・・・。

☆TOYOさんの記事はこちら

20190811-ZF
トイレは少し離れたところにあるようで、こんな感じの外観でした。
住宅街もその横にあるようなので、若干ですが、公衆トイレ的な佇まいですね。

手洗器
20190811-ZG
手洗器はTOTO製で、小型手洗器のL21Nを使用しています。
この手の手洗器は現在、Janis等一部が製造しているようですが、TOTOでは既に製造されていません。
なお、水栓はハンドル単水栓になっています。

小便器
20190811-ZJ
小便器はINAX製で共にinaマークの非水洗式便器(朝顔)のU-1を2台使用しています。
非水洗式用の朝顔は現在でも、Janisとアサヒ衛陶、特注ですが、INAXも製造しているようです。水洗式を転用するパターンもあるようですが、それはあまりして欲しくないですね・・・。
また、その間には仕切り板のA100が組み合わせられています。

20190811-ZH
全景です。
個室のブース扉は2つありますが、どちらかが物置だったと思います。
しかし、個室はあまり広いものではなく、タンク式便器だとCS510BMを置かないと!というような広さでしたが・・・。

大便器
20190811-ZK
大便器は和式1室ですが、この物件の目玉ともいえる、INAXのC-105(中期型・inaマーク)を使用しています。
このC-105は大きく分けると、前期・中期・後期があり、前期はTOTOのC75のようなフォルム、中期はTOTOのサイホンゼット式便器C202の前期型に見られるようなフォルムになっています。
また、後期型は一見すると前期型と同じように見えますが、金隠しの下に返しのない凹凸のないフォルムになります。

20190811-ZL
inaマークです。
恐怖のマークだとか、言われていますが、別に個人的には恐怖とも思わないですねw
この中期型はこの物件で初めて見ましたが、私が見てきた、C-105は青INAXだったことが多かったので、後期型だと思われます。

◇まとめ
レトロな駅のトイレという印象で、住宅街や人気も若干あり、取材しにくかったような感じもありますが、C-105の中期型はみどころでした!
使用頻度がややあるのか、悪臭は多少ありましたが、使えないな!と思うほどではありませんでした。
こちらも残念ながら、トイレットペーパーの備え付けはありませんので、急用は厳しいものが有りそうですね・・・。

次回からは通常編になります!
5回にわたってお送りしましたが、どの物件も内容の濃い物件と言えますし、やはりこの令和の時代にポットン便所が!というのも新鮮さがあると思います!

最後になりましたが、特別編、お楽しみいただけましたか?
また、機会があれば特別編をお送りする機会があるかもしれません。もし、お送りする予定があれば予告させていただきます。

今回も、特別編です!
引き続き、TOYOさんと昨年夏に岡山県を旅したものです!

あれから、井倉洞へ入り、そこから豪渓駅に行き、日羽駅へ行きました。
豪渓駅はTOYOさんのところにアップしていますが、今回の特別編では割愛します。

☆TOYOさんの記事はこちら

20190811-W
トイレは左手の建物にあり、上に上がると駅構内になります!
取材当時は夕方6時でしたが、季節柄もあり、まだまだ明るかったです!また、田舎の駅って感じで、小便器の横からは田園風景が楽しめました。

手洗器
20190811-X
手洗器はTOTOのL5を使用しています。因みにTOTOロゴで、水栓はハンドル水栓を使用しています。
L5Dならちらほら見ますが、L5はなかなか珍しい気がしますね。
後述する機器からすれば、竣工当初はL5のtoyotokiロゴを使用していたのかもしれません。

小便器
20190811-Y
小便器は今は亡き、Hokuyo製(北陸窯業)のものを使用しています。
品番は不明です。仕切り版はTOTOのA100(初期TOTOロゴ)を使用しており、前敷はアサヒ衛陶製でしたが・・・

20190811-ZB
ここにも初期TOTOロゴマークがありました!!
本日、2カ所目の初期TOTOロゴでした。あれから、初期TOTOロゴは見ていません・・・。

20190811-ZA
そして、Hokuyoのロゴマークです!
北陸窯業は平成に入り、パナソニック(当時はナショナル)と提携し、陶器部を造っていましたが、2003年に廃業し、今は亡きメーカーです。
たまに見られるロゴマークですが、見られたらラッキーな気がします。

20190811-ZC
そして、アサヒ衛陶の太陽ロゴマークです!
ASAHI EITOと書いており、なかなか凝ったロゴマークです。ただ、この前敷は上手く固定されておらず、動いてしまいます・・・。

大便器
20190811-Z
大便器はTOTO製の半穴式のC52を使用しています!
因みにこちらもtoyotokiロゴでしたが、見慣れない標記がありました。
※TOYOさんのブログの画像リンクへ繋がります。
トイレットペーパーはありませんが、何故か洗剤がありました。
多分、掃除用でしょうけど、何故に?!と思うような感じでした。比較的綺麗でしたが、夜は使いたくないですね・・・。

20190811-ZD
外にはこういった看板がありました。
多分、昭和45年8月(1970年8月)竣工だと思われますが、toyotokiや初期TOTOロゴマークが混在しているあたり、竣工当初でしょう。

まとめ
使用機器や雰囲気としてはあるあるな気がしますが、いろんなロゴマークが見られる空間でした!
実用性はうーん・・・って感じですが、趣味性はいろんなロゴマークが見られるということもあり、MAXでしょう。

また、掃除は行き届いており、緊急時でもポットンと言うのを気にしなければ使えるトイレだと思いました!

今回も特別編をお送りします!

こちらもTOYOさんと昨年夏に岡山県を旅したものです。
一気に県北まで飛びましたが、その道中に給油したりしましたが、道中はとても楽しいものでした!

☆TOYOさんの記事はこちら

20190811-P
トイレは駅の右側にあります。
改札内にも大便器が1室あり、このトイレの真裏にあります。
なお、改札内のトイレは男女共用になります!

手洗器
20190811-R
手洗器はL5Dを2台使用しており、ハンドル単水栓になります。
カラーはホワイト(#NW1)ですが、このトイレの中では一番あるあるな機器かもしれません。
また、手洗器の右からよく見ると配管が伸びていますが、大便器にとって大事なものが繋がっています!!

小便器
20190811-S
小便器は何れもアサヒ衛陶製で、奥2台が朝顔小便器のU1SET、手前1台が箱型小便器のU14SETになります。
色々と取り付け痕があるので、竣工当初からは変化しているでしょうね。また、仕切り板としてA100も組み合わせられています。
TOTOでは朝顔小便器はありましたが、箱型小便器はありません。

大便器(改札外)
20190811-T
大便器は和式1室のみですが、ここでまさかのものが投入されます!
この駅を巡った最大の理由ともいえる、ナショナル製簡易水洗式の和式便器です!
品番はCH823となり、正式名称は“クリーンスイセン和風“で、1987年~2001年の間に製造されていたようです。
竣工当初は非水洗和式だったと思われますが、少なくとも18年前にはこのような様子になっていたようです。
手洗器の方にあった配管はこの個室のためのものでした!

▽参考リンクはこちら


大便器(改札内)
20190811-U
改札内にもあり、こちらも同じくCH823が使用されていますが、設置方法が異なり、こちらは和式両用便器として使用されています。
因みに洗浄は右側のレバーを用いて流します。

また、改札内には手洗器は無く、外にSK322が設置されていました。これで手を洗えってことなのかな?といった配置でした。

まとめ
周りには消防基地や個人商店があるぐらいで非常に閑散とした感じでした。
近くには井倉洞があり、結構大きな鍾乳洞でしたが、季節柄もあり、なかなか涼めました。

本題ですが、トイレ内はやや悪臭があるものの、あまり綺麗とは言える感じではありませんでしたが、管理はされており、むちゃくちゃには汚い様子ではありませんでした。他の駅に比べると緊急時であればどうにか使えるかな?というレベルでした。
現在では撤退してしまったパナソニックの簡易水洗便器ですが、一般家庭の比率が高いだけにパブリックではかなり珍しい存在だと思います。母の実家にも1996年~2007年までクリーンスイセンのCH230を使用していましたし。

前回に引き続き、特別編をお送りします。

当ブログの読者であり、私もそのブログのほぼ開始当初からの読者である沖縄県を拠点とするTOYOさんと昨年夏に岡山県を旅した際のものになります。

☆TOYOさんの記事はこちらをご覧ください。
TOYOさんの記事は2箇所あり、2箇所続けてですが、こちらでは敢えて、その1、その2と分割してお送りいたします。

※2019年8月現在の画像のため現在とは異なる場合があります。なお、当該物件は2020年4月現在、現存しています。

手洗器
20190811-K
手洗器はL230Sを使用しており、水栓は壁付けで自閉水栓を使用しています。
カラーはパステルアイボリー(#SC1)です。
自閉と言っても、持っているうちだけ動く感じなので、衛生的には△な仕様ですね(>_<)

小便器
20190811-L
小便器はこちらもパステルアイボリーですが、NEPONのU-300を使用しています。
一見するとU307みたいですが、少し丸っこいフォルムになっています♪
因みにこのトイレは簡易水洗式です!!

20190811-M
実は個別タンク式になっていて、ハイタンクよりチョイ低めな感じですが、竣工当初から通水されていた様子はなく、あろうことか砂が放りこまれていました!!
よって、簡易水洗ではなく、ポットン転用という・・・。

大便器
20190811-N
大便器はこちらもNEPON製で、ATJ-200を使用しています。
タンク品番は残念ながら見つけられませんでしたが、レバーハンドルや全体的なフォルムがTOTOのS670B系などと瓜二つな気がします!

まとめ
完成当初から知っていますが、管理が行き届いていない分、清掃性はイマイチですが、大便器は簡易水洗なので一応流れますし、悪臭もムチャには酷くないのでまだ良い方でしょう。
しかし、小便器は一刻も早く、砂を取り除いて、通水してあげたいですね。
まぁ、コントローラのボタンが竣工当初から陥没させてあったので簡易水洗として使う気は無かったのかもしれませんが・・・。

しかし、取材当初は本当に蚊が凄くて、嫌になりそうでした(泣)

↑このページのトップヘ